淀川区宮原小学校区の学童保育所です


お知らせです。
2017年度の入所説明会の案内ができました。
入所案内ページへどうぞ。


スマーフォンサイトはこちら



宮原小学校区での学童保育所開設までの経緯

 2012年3月、宮原小学校に通う児童のための学童保育所として新規開設しました。

  もとは、四学校区が集まって運営していた十三東学童保育所に通っていた子どもたちですが、年々、応募が増え続けることで、あたらに新入生を受け入れができなくなりつつあった事情から、最も子どもの数が増え続ける宮原小学校区が独立して学童保育所を運営しようと、新規に学童を設立することにしました。

  現在、淀川区での4番目の学童保育所となっております。

保護者による民設運営の学童保育所です

 すべての運営を保護者で行う学童保育所です。運営時間、先生の採用、行事、すべては利用する保護者によって決定、運営されています。



よつば学童保育所を開設するにあたっての歴史

2012年の4月の段階で新規学童として補助金を受ける見込みがなく、かつ、市政の予算が大きく削られる中、それでもどうしても学童保育を必要とする家庭が集まり、その中から出資金を出し合って、なんとか開所しようと準備をはじめました。

  そんな中で、多くの大阪市の学童保育に関わる親御さんや、スタッフの方、幼児、乳児の保育に関わる方々、地域に住まわれる年配の方々、施設を借りている大家さん含め、カンパや、甚大な配慮をいただき、本当にギリギリの中でよつば学童保育所を開所することができました。

 また、大阪市で同じように民設民営にて運営されている学童保育所の親御さん、指導員、関係者からも一年を通じて多大なカンパをいただき、不足する運営資金を助けていただきました。

 そして、翌2013年4月から、大阪市の留守家庭児童対策事業として正式に認められ大阪市の補助金の交付を受けることができるようになり、現在まで地域の学童保育所として運営しております。

 地域の方々のご支援、学童保育でつながる皆さん、大阪市担当局のご尽力を受けて開設できたとう歴史から、学童運営において、親、指導員、子どもたち含め、常に感謝の心を持って学童保育所の運営をすすめていきたいと思います。