大阪市の学童保育って?(概要と比較)

学童はこどもたちの放課後の生活の場所です

「学童保育」とは、国の児童福祉法に基づいた放課後児童育成事業です。地方自治体によって運用形態が異なります。大阪市は全児童を対象にした市が主導して行なう事業を「いきいき」、児童の父母たちにて運営されている事業を「学童」として、指定し法律に則った上で運営しています。

下記が大阪市の運営する「いきいき」と「学童保育」の大まかな違いです。

 1.事業

   よつば学童: 生活の場

   いきいき  : 遊びの場

 2.開設時間

   よつば学童: 18時 延長は19時半

   いきいき  : 18時(宮原小学校、2013年3月時点)

 3.事業形態

   よつば学童: 保護者が直接運営(父母会がすべての決定場所)

   いきいき  : 大阪市の委託先による運営(父母会なし)

 4.指導員

   よつば学童: 上村指導員(指導歴10年)

   いきいき  : 入札による管理指定業者による運営

 5.対象児童

    よつば学童: 1~6年

    いきいき  : 1~6年

 6.活動場所

   よつば学童: 学童保育+近隣の公園+行事で外出

   いきいき  : 小学校内

 7.おやつ

   よつば学童: おやつあり,手作りおやつ

   いきいき  : おやつなし

 9.実施場所

   学童保育: マンションの打ち抜き部屋を賃貸

   いきいき: 学校校舎の余裕教室

 10.費用

   学童保育: 1万7000円に諸費用(月)目安です

   いきいき:  基本無料(保険500円/年)


 よつば学童保育所では、保護者就労などによる留守家庭の小学生の子どもたちを、専任の指導員が放課後におあずかりしています。
 ひとりひとりの個性を大切にしながら、異年齢集団の中で遊びと豊かな生活づくりを行っています。