よつば学童での一日

普段の生活は学年によって違ってきます。
下校時刻も違いますし、宿題の内容も大きく違います。
その子に合わせて指導員が声を掛けますが、
大きなスケジュールは下記のようになります。

普段の一日の流れ

14:30  下校
同じ学年の子たちと一緒に学童にやってきます。また、一年生はしばらくは指導員がお迎えに行きます。
指導員は、児童の様子をみて、学校での様子等を聞きます。
子どもたちは連絡帳を出し、制服から着替えをします。
指導員は保護者の方からの連絡、帰宅時間等を確認します。

15:00 おやつ
※マナーを守り、楽しく食べる。
※できるだけ手作りおやつを実施、児童も参加できる機会をできるだけ設けています。
※下校時間、帰宅時間により、おやつの時間は前後しますが、出来る限り、みんなそろって、『いただきます』を基本に考えています。

15:30  宿題タイム
今日の宿題は学童で済ましてしまいます。わからないことがあったら指導員、学童のお兄さん、お姉さんに教えてもらいます。

16:00  自由に学び、自由に遊ぶ
※製作物への取り組み、行事の準備をしたりすることもあります。
※宮原公園で思いっきり遊ぶ子がほとんどです。
※部屋の中で読書、お絵かき、けん玉、コマをしたりする子もいます。

17:30  掃除と当番活動
※班活動で決められた掃除当番や、当番活動をします。学童を自分たちも運営している一人として自覚をします。

18:00 終わりの会をして、集団下校をします。

18:01 延長保育開始。延長の子どもたちはお迎えを待ちます。

長期休暇中の一日の流れ

08:00 開所
※子どもたちはそれぞれに学童にやってきます。しばらくは、思い思いに過ごします。

09:30   学習タイム
※夏休みの宿題の取り組み、ドリルなどの学習をします。

10:30 かたづけ、おかずづくり
※当番班はお昼の準備を手伝います。
※その他の子どもたちは遊んだり、取り組みの準備をしたりします。

12:00 お昼、あとかたづけ
※全員そろってお昼ごはんをします。

13:00 休息・読書、誘いあって自由遊び

15:00 おやつ

16:00   自由遊び、取り組みの準備など

18:00  終わりの会をして、集団下校をします。

18:01 延長保育開始。延長の子どもたちはお迎えを待ちます。